このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

想像力は、考え抜いてこそ生まれる

経営というのは、想定外をつぶしていく仕事です。「そこまでやってできなきゃ仕方がない」と淡泊に考えるか、想定外をつぶすためにエネルギーを注ぎ込むか、それが企業の成否を分ける。その時に必要なのは、想像力だよね。(略)もちろんそれまでにないシステムを考えたり、新しい社会との関わりの中で仕事を創造したり、というのは非常につらい作業ですよ。毎日、毎日考えまくると、それでやっときっかけが生まれるというような作業ですからね。根気が必要だし、できればやりたくない。それでも考え抜かない限り、想像力は生まれてこない。
――――――――――――――――――――――――――――――
2011,6,6日経ビジネス セコム最高顧問 飯田亮さん

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ