このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

愛用者カードの文句に対応するのがメーカーの責任

メーカーの社長は、愛用者カードに目が届かなくなったらおしまいなんです。事業が成功するとどうしたって、おべっかを使って、いいことばかり言う人間が周りに集まってくる。でも、愛用者カードには必ず“文句”が書いてあるんですよ。その文句にどう対応するかというのが、メーカーの責任なんです。
――――――――――――――――――――
椎野秀聰さん(WIRED記事『妥協なき技術を集結させる』より)

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ