このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

アナログレコードは、さらにお金をかけて作品を買う選択肢のひとつ。

アナログレコードはデジタル配信と必ずしも競合していません。レコードファンも、実は普段からiPodやiPhoneなどデジタルで音楽を聴いている人ばかりです。その環境を前提に、さらにお金をかけて「作品」を買うときのプラスαの選択肢としてレコードの存在感が増しているんでしょうね。アナログ独自の音質は、音楽好きにとってハイレゾ(CDを上回る高音質の音源)同様に新しい選択肢になっていますし、アートワークの存在も魅力です。何より容易にコピーできないものを所有する満足感というのは、替えがたいものだと思います。
――――――――――――――――――――
JETSETマネジャー 中村義響さん

https://job.cinra.net/special/jetset/

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ