このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

つながり過ぎるほど、人間関係を失う

現在10代の少年少女もFacebookをLinkedInと同じく実利的なものと考えており、日常の面白かったことを共有するものではなく「みんながやっているからやらざるを得ない義務的なツール」と化しています。その理由は、今やSNSが全世界に向けて発信するものではなく、どんどん「内輪でシェアするもの」になってきているため。ステージの上に立ち、家族・友人・知人たち全員に対して本当の自分をさらけだすというのは難しく、多くの人は自分の最も素晴らしい瞬間を見せようとし、その結果、自慢げな投稿ばかり目にすることになります。そしてフィルタリングの作業を行いすぎて本当の人間関係を失ってしまうのです。

Chrys Baderさんの記事の翻訳

http://gigazine.net/news/20131228-the-end-of-the-facebook-era/

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ