このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ポップアップ・ストア

ポップアップ・リテール(Retail)とも呼ばれる。一定期間で突然現れては消える「期間限定店」。自由な店づくりが可能なため、ブランドの情報発信がしやすいほか、安価に出店できて話題を集められる。イギリス国内では人気の宣伝手法である。
例:FASHION HEADLINEのポップアップ・ストア特集

Posted by THINKJAM.

Posted in

メディテール

メディカル(医療・介護)とリテール(小売)の融合。

●高齢者住宅×買い物代行
●デイサービス×買い物同行
●コンビニ×介護相談
――――――――――――――――――――
2015/1/5 日経MJ

Posted by THINKJAM.

Posted in

LINEスタンプのカテゴリ

●感情系(喜怒哀楽)
●回答系(いいね、YES,NO)
●生活シーン系(風呂、食事、買い物)
●挨拶系(おはよう、おやすみ、いってらっしゃい)
●季節系(メリークリスマス、暑い・寒い)

Posted by THINKJAM.

Posted in

CIY(Create It Yourself)

人とは違うオリジナルのものをクリエイトする、楽しい部分だけを自分でする(カスタマイズする)こと。

1)完全カスタマイゼーション
2)ライト・カスタマイゼーション(個人でなく集団用)
3)パーソナライゼーション
4)ブランクキャンバス・カスタマイゼーション

Posted by THINKJAM.

Posted in

コンピュテーショナル・ファッション

人間ひとりひとりの体型をスキャンし、その人にぴったりのファッションアイテムを3Dプリンターで製作するファッションのこと。現在主にアクセサリー、靴などが量産製品として、市場に出回り始めている。

Posted by THINKJAM.

Posted in

機械学習のいろいろ

●ディープラーニング
脳の構造を模倣した「ニューラルネットワーク」の構造をより複雑化(深く)し、複雑な問題を高い精度で解けるようにする試み。音声や画像認識の分野で成果を上げつつある。

●トランスファーラーニング
ある分野の学習が他の分野における学習にも役立ち、効率的に習得できること。2つの分野の類似性が高いほど、効率的な学習ができるとされている。

●マルチタスク・ラーニング
2つの分野を並行して学習することで、双方の分野に共通する要素を抽出し、学習する効果を高める手法。

――――――――――――――――――――――――――――――
塩野誠・松尾豊『人工知能って、そんなことまでできるんですか?』中経出版から

Posted by THINKJAM.

Posted in

CMT

CMT(Chief Marketing Technologist)を擁している組織は、競争優位を生み出すためのデジタルマーケティングの成熟度と実験において、競合他社の一歩先を行っている。主な役割は、マーケティング・テクノロジー戦略とロードマップの管理。どのようなテクノロジーを扱うマーケティング・ケイパビリティに重点投資をすべきか、その採用に当たってどう優先順位をつけ管理すべきかを助言する。多くのCMTはデジタル・エージェンシーで勤務した経験や顧客対応用のWeb製品を開発した経験がある。主に、マーケティング担当の上級幹部を上司に持つ。
――――――――――――――――――――
Oct.2014 Harvard Business Review

Posted by THINKJAM.

Posted in

ミクスト・リアリティー【mixed reality】

実在の現実世界を基にして、電子的な仮想データでこれを補う体験をさせるもの。現実世界と仮想世界(バーチャルリアリティー)を合わせることから、複合現実感と呼ばれる。

Posted by THINKJAM.

Posted in

anticipation computing

アンティシペーション・コンピューティング(Anticipating ubiquitous computingとも)は、現在、目の前にある情報から新しい情報を引き出すときにき、「多分この情報が必要である」と判断するコンピュータ技術。

Posted by THINKJAM.

Posted in

AdTruth

Cookieに依存せずにターゲティング広告配信を可能にする技術として、41st Parameter社が開発した。さまざまなデバイスから「NavigatorAppCodeName(ブラウザアプリケーションコード名)」「TimeZoneOffsetHours(タイムゾーン時差)」「ScreenWidth(画面解像度・幅)」など、多様な100個以上のパラメータを収集し、それを統計的・数学的アルゴリズムにもとづいてリアルタイム処理。デバイスごとに40桁の非可逆性ハッシュ値を付与。それをIDとして利用してウェブサイトにアクセスしてきたデバイスを推定する。このプロセスにおいて、名前や年齢、位置情報、デバイスのIDなどの個人情報に類するものを必要としない。収集したパラメータを統計学的に分析してIDを生成するプロセスが重要なノウハウ。

MarkeZin記事から

Posted by THINKJAM.

Posted in

12345...>>

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ