このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

Facebook新機能とその活用法

2011年9月22日(木)アメリカ・サンフランシスコでF8 Developers Conference(Facebookによる開発者向け会議)が開催されました。この会議やその前後を通じて、Facebook(以下FB)に関するさまざまな新機能の発表が行われましたが、その中でも「タイムライン」「新型ボタン」「ティッカー」の3つの機能に焦点を充て、その機能の詳細と今後の活用方法について考えてみました。

――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】 タイムライン
――――――――――――――――――――――――――――――――

タイムラインとは、現在のFB上のプロフィール部分を、よりビジョアル化した美しい形のインターフェースに変換できる機能のことです。このタイムライン上には「動画の掲載」「大きなプロフィール写真」「いいねボタンを押したコンテンツ」「これまでに訪れた場所」「FB上の友達」などを表示することができます。これはユーザーに対し、より精度の高く美しいインターフェイスを提供するという目的に加えて、サードパーティーのサイトが、個人ユーザーのFB上のプロフィールから、それぞれのユーザーに関してより詳細な情報を取得することを可能にするなどの側面も期待できると考えられます。

タイムライン
<↑別ウインドウで拡大>

また、仮に企業がFBページ上にタイムラインを取り入れた場合、「企業のブランドイメージを表す画像を大きく掲載」「イベント情報の掲載」「新商品の紹介」などを可能とし、より多くの企業がFB上に自社メディアを展開することが想定されます。


企業がタイムラインを自社FBページに取り入れた場合(イメージ)
<↑別ウインドウで拡大>

――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】 新型ボタン
――――――――――――――――――――――――――――――――

F8内では直接言及はされませんでしたが、 Facebook CTOのBret Taylorやさまざまなソースを通じて、現在の「いいね」ボタンに加えて、「Read」「Listen」「Watch」「Want」などの新しいボタンが利用できるようになることが確認されています。これらのボタンを使うと、例えばeコマースサイトの商品詳細ページに「Want」「Own」「Like」など数パターンのボタンを用意しておくことで、訪れたユーザーが、どれくらい強くその商品を買う意志があるのかを表現できたり、また「Own(日本語訳:持っている)」ボタンを通じて、すでにその商品を保有している友人をFBページ上から探すことができるようになるなどの可能性を秘めています。

 eコマースの商品詳細ページに新型ボタンを取り入れた場合(イメージ)
<↑別ウインドウで拡大>

――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】 ティッカー
――――――――――――――――――――――――――――――――

ティッカーとは、FBページの右上部分に表示され、FB内の友達のアクティビティ(コメント、「いいね」ボタンを押すなど)が時系列的にリアルタイムで流れる、小さな電光掲示板のようなものです。ニュースフィードが、アルゴリズムに基づいて重要と思われる情報のみを表示するのに対して、ティッカー上では、ほぼすべての友達のアクティビティが表示されると考えれらています。

ティッカー
<↑別ウインドウで拡大>

このティッカーと新型ボタンを組み合わせて使用すると、例えば今後以下のようなことができるようになると考えれています。
1)ユーザーAがスマートフォンを使って●●●という曲を聞く。
2)ユーザーAはその曲を気に入り、曲の横に表示されている「Listen」ボタンを押す。
3)ティッカー内に「ユーザーAは●●●を聞いています」という情報が流される。(今後、新しいオープングラフにより、1度「Listen」ボタンを押すと、同サイト内で他の曲を聞いた際も自動的にティッカー上に流れるようになり、毎回ボタンを押す必要がなくなるといわれている。)
4)ユーザーAの友達であるユーザーBがそのティッカーを発見し、リアルタイムで2人が同じ曲を聞く。
5)ユーザーBはその曲を気に入れば、そのまま購入することができる。

ティッカーと新型ボタンを組み合わせて使用した際のユーザーの動線
<↑別ウインドウで拡大>

――――――――――――――――――――――――――――――――
参考記事
●Christian Taylor『5 Ways Facebook’s New Features Will Fuel Social Shopping』(2011.09.29)Mashable記事
●Zeny Huang『Why Facebook Timeline Will Be Huge for Brands』(2011.09.29)Mashable記事
●Leena Rao『Source: Facebook To Launch Read, Listened, Watched, And Want Buttons』(2011.09.19)techcrunch記事
●MG Siegler『Coming Soon: Facebook’s Automatic “Read” Button』(2011.09.22)techcrunch記事

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ