このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

アーキテクチャの生態学

アーキテクチャの生態系.jpg
濱野智史『アーキテクチャの生態系―情報環境はいかに設計されてきたか』NTT出版 (2008)
●アーキテクチャ/環境管理型権力の要点
1)任意の行為の可能性を「物理的」に封じてしまうため、ルールや価値観を被規則者の側に内面化させるプロセスを必要としない。
2)その規制(者)の存在を気づかせることなく、被規則者が「無意識」のうちに規制を働きかけることが可能。
●ソーシャルウェアの進化プロセス
これまでの社会的振る舞いが、アーキテクチャによる規制に置き換えられてきた。
・mixiの「足あと」
 ―無断リンクによるトラブルをなくした。
・ウィニーの「キャッシュ」
 ―くれくれ厨を蔑視し、神を崇めるこれまでの規範を不要とした。
・ニコニコ動画の「擬似同期型アーキテクチャ」
 ―祭りが一時的に終わってしまうのを、いつでも祭り状態にした。
●アーキテクチャが新たな規範を生み出す
・2ちゃんねるの「dat落ち」「匿名性」
 ―コミュニティのフロー化を推進
 ―コピペによって情報を伝達・共有する慣習を創出
●アーキテクチャと社会
・社会が技術をつくり、技術が社会をつくるという、フィードバックループが複雑に絡み合っている。
アーキテクチャの生態系.pdf

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ