このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

明日のプランニング

<MEMO>
●2020年の情報流通量は35ZB。地球上に砂浜があり、その中の一粒があなたの伝えたい情報である。情報の砂の一粒時代=砂一時代。

●2009年時点で99.996%の情報はスルーされる。露出だけ増やしても伝えたい情報は伝わらない。

●ネットを毎日は利用しない日本人は、約567万人。7,500万人が突きに度もパソコンから検索していない。

●砂一時代を生きる生活者の情報環境
・仲間ごとの急激増(友人・知人情報が増えた)
・超成熟市場(あなたが伝えたい商品・サービス情報はすでにうざい)
・メディアやツールの激増(伝えたい情報をどこに出せばいいのか、見当がつかない)
・エンタメ過剰(日常にあるれるさまざまなエンタメや世界中の有料コンテンツが全部ライバル)

●拡散のコアは少数で良い。全員がRTするのは多くて5%。仮にあるイベント参加者1,000人がそのイベントのことをツイートし、平均130人のフォロワーが見たら130万人にリーチした。うち3%がリツイートしたら、60万以上にイベント情報が届く。拡散のコアは少数でいい。

●コミュニケーションのプランは、マスベースとファンベースで考える。

●ファンベースのリーチ
1)直接‥フォロワーに直接伝える
2)間接‥他からの情報をフォロワーに転送する
3)オーガニック‥他からの情報を受け取った人が、自身の言葉でフォロワーに直接伝える

●マニアックなメディア=トライブ(群)は重要

●オーガニックな言葉を引き出す方法
1)社員という「最強ファン」の共感をつくる
2)ファンをもてなし特別扱いする
3)生活者との接点を見直す
4)商品自体を見直す、ファンと共創する
5)ファンを発掘し、活性化し、動員し、追跡する
6)ファンと共に育つ。ファンを支援する
7)ファンとビジョンを分かち合う

●共感を生むには「個」を出すこと。自分だけの経験や思い出を語り、相手や一般論に自分を合わせなければ、相手はあなたの中に「自分と同じところ」を探しだそうと踏み込んでくる。

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ