このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

弱いつながり 検索ワードを探す旅

【POINT MEMO】

●特殊な経験や知識よりも、顧客の要望に応じていかに適切に検索するか、その能力こそがビジネスにおいて重要になっている。

●検索を駆使することで無限の情報から無限の物語を引き出せる時代である。情報だけの世界に生きていると乱立する物語の中で、現実を見失ってしまう。

●自分の世界を拡げるノイズとして旅を利用する。

●言葉にできないことを言葉にすること。そのために大事なのは、まずは言葉にできないものを体験すること。「現地に行くこと」。

●身体を一定時間非日常の中に「拘束」すること。そして、新しい欲望が芽生えるのをゆっくりと待つことが、旅の目的であり、別に目的地にある「情報」な何でもよい。

●旅をするのは、その「わかってしまった情報」に対して、あらためて感情でタグ付をするためである。

●人間は思想は共有できない。モノしか共有できない。だから新しいモノに触れるために旅に出よう。

●「いまここ」の売り上げを最大限にしようとすると「強い絆」の中にとらわれてしまい、消耗戦になる。そこから離れ、異なった緩やかに流れる時間の中に身を置くために旅が必要。

●たくさんの所属するコミュニティをもち、複数のコミュニティを適度な距離を保ちつつ渡り歩いていくのが、もっとも賢い生き方。

●ネットのおかげで、経ち切ったはずのものにいつまでも付きまとわれるようになっている。強い絆をどんどん強くするネットは、我々をその中に閉じ込める機能も果たす。旅はその絆を切断するチャンス。

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ