このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

驚きがブレイクスルーをもたらす 「リープ・フロッギング」の発想戦略

驚きがブレイクスルーをもたらす 「リープ・フロッギング」の発想戦略 [単行本(ソフトカバー)] / ソーレン・カプラン (著); 山本 晶子 (翻訳); 日本経済新聞出版社 (刊)

<POINT MEMO>
●ブレイクスルーを生み出すには、ベスト・プラクティスを追い求めるのではなく、ペスト・プリンシプル(これまで注目されなかった努力を成功へと後押ししてくれる実践的なやり方)に注意を向けるべきである。

●ブレイクスルー5つの局面(リープ・フロッキング・ライフサイクル)
1)ハッとするような驚き
2)探検
3)明確な目標の理解
4)恐れと疑い
5)失敗ゾーン
6)市場の驚きの獲得

●起業家たちは、素晴らしいアイデアを携えて会社をはじめるのではない。はじめてからそれを発見する。

●起業家は仕事に必要な資源や情報に着目し、give and take の精神でいまやるべきことをすぐに実現させようとするが、大企業のマネジャーはゴールと達成のための綿密なプラン、ライバルの分析を行う。顧客との関係はtake and giveである。

Posted by THINKJAM.

Posted in

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ