このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

WO!45号『主婦が選んだ いま、使えそうな FinTechサービス』

さまざまなFintechサービスが市場にでてきましたが、
日常生活において、その便益を簡単に享受できるか?が重要です。
国内外のFintechサービスから、主婦に「いいな」「使えそうだな」と
思うものを選んでいただきました。

Posted by THINKJAM.

Posted in

WO!44号『VUGCの企業メディアへの活用(海外事例&DATA)』

今回は、SNSで自社ユーザーがアップする画像(=VUGC:Visual User-Generated Content)を自社のサイトや広告に活用して、売り上げを上げている海外事例や参考数値をまとめてみました。アメリカでは、一昨年くらいから盛んになっていますが国内でも、化粧品メーカーさんをはじめ、いろいろな事例がみられるようになってきました。特に、20~30代のデジタルネイティブ世代にはこの手法が効くこともあり、今後いろいろな商材での取り組みが期待されます。

Posted by THINKJAM.

Posted in

WO!43号『「獲得」も問われる?これからのネットコミュニティ』

あけましておめでとうございます。本年もTHINKJAM.スタッフをよろしくお願いいたします。最近、SNSマーケティングの後の施策やオムニ化ついて、クライアントのみなさまとお話をさせていただく際に、意外とコミュニティに関わる議論もでてくることも多く、今回はこのネットコミュニティについて、少し考えてみました。ご一読いただければ幸いです。

Posted by THINKJAM.

Posted in

WO!42号「海外のチャットボットツール事例集」

LINEやFacebookなどをインターフェイスにしたチャットボットへの取り組みが注目を集めています。国内でもチャットボットのベンチャーがいろいろ立ち上がってきていますし、スマホの決済機能にもつながることで、生活者と企業の新しい窓口として期待されている分野です。今回は海外のチャットボット事例を集めてみました。お時間のある時にでも、ぜひお目通しください。

Posted by THINKJAM.

Posted in

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方  成功を引き寄せるマーケティング入門

<MEMO>
マーケターとして改めて読んでおくべきところ
●戦うところを明確にする(→コンセプトづくり、ひいては戦略づくりが必要。そのためのデータが重要)
●日本企業がマーケティングに弱い理由(誰もが思っていてもなかなかできないところ)は理解しておきたい。
●戦略の良し悪しのチェックリスト
●顧客セグメントの前にやるべきセグメントチェックリスト
●マーケティング(特に小売り)のポイント
●どんな人がマーケターに向いているか(4つの適性)
タイトルに騙されないほうが良い。マーケターとなる人の働く姿勢、構えを改めて問い直す内容です。

Posted by THINKJAM.

Posted in

やりたいことに徹すれば、結果的に成功する

これから起業する人は、最初の夢や意欲を失わないようにしてほしい。男性に多いのが、会社を大きくしようと意識しすぎて、最初から経理や営業担当などのメンバーを集めて組織を固めるタイプ。(略)事業をやりたいのは誰なのでしょうか?やりたいことがはっきりしていれば、仲間なんか要りません。女性の方がやりたいことに徹して、結果的に成功することが多いですね。一人で始めて、その方向性に共感した仲間が集まってくる方がいいのです。そうやって会社のDNAが形成されていくのだと思います。
――――――――――――――――――――
さわかみ投信会長 澤上篤人さん(日経ビジネス2016.11.07号)

Posted by THINKJAM.

Posted in

30秒で出来る「フリーズドライ一人鍋」

FireShot Screen Capture #050 - 'フリーズドライ一人鍋 ごま豆乳仕立て - 【アマノフーズ 公式オンラインショップ】お味噌汁などのフリーズドライ食品の老舗' - www_amanofd_jp_amano_shop_goods_index_html_ggcd=A747&c
●特長
・お湯を注いで30秒で鍋が出来上がる。
・フリーズドライ商品のため、常温で長期保存できる。

●アイデア
・ボリュームの多い料理である「鍋」を、
フリーズドライ加工ができるように修正した。(Modify)

●ターゲットと利用機会
・一人分の食事を手軽に作りたい方

●価値
必要な食材が多いために、少量調理に向かない「鍋」を、
一人で食事をとる時でも手軽に楽しむことができる。

●価格
2食入り 1,880円(税込)

アマノフーズ

Posted by THINKJAM.

Posted in

愛用者カードの文句に対応するのがメーカーの責任

メーカーの社長は、愛用者カードに目が届かなくなったらおしまいなんです。事業が成功するとどうしたって、おべっかを使って、いいことばかり言う人間が周りに集まってくる。でも、愛用者カードには必ず“文句”が書いてあるんですよ。その文句にどう対応するかというのが、メーカーの責任なんです。
――――――――――――――――――――
椎野秀聰さん(WIRED記事『妥協なき技術を集結させる』より)

Posted by THINKJAM.

Posted in

機会発見ー生活者起点で市場をつくる

<ポイントMEMO>

製品やサービスを進化させるイノベーションを考える際に大事な「利用機会」だけでなく、新しい製品やサービスを生み出すためのヒントにもなる「機会」を生活者起点で発見する方法が書かれている。かなり粗くいえば、エスノグラフィーのアプローチで機会を発見し、デプスインタビューなどで仮説検証。さらに特に重要な項目を二軸に捉え、新しい機会を差別化ポイントとして強調できるようにするというような、オーソドックスな方法論がまとめられている。

機会について、このようなかたちでまとめられたものは、あまり見たことがないので若いプランナーには参考になるはず(しかし、具体的に書かれていないので、入門者としてはイメージがわかずに、わかりにくいと思う)。長くこの世界にいる人は、「はじめに」の確認だけで充分かもしれない。
●「MECE」ではなく、「枠外の視点」を探索する。
●「定量情報」ではなく、「定性情報」を収集する。
●「分析」ではなく、「統合」する。
最後の分析とは違うアプローチ、すなわち新しい価値をつくり出すプロセスなのだという点は、非常に重要だろう。また、機会とは「新商品を生み出す見立て」「発想のジャンプ台」「試行錯誤の起点」であるという点も改めて参考になる。

しかし、個人的にはこの機会発見をするうえで最も重要なのは、プランナーのアブダクション力だと思う。ここに書かれている方法論はひとつの辞書であることには違いないが、機会を生み出す本当の能力やその開発に迫るホンモノの本を(哲学書などのアプローチでなく、ビジネス書からのアプローチで)待ち望みたい。

Posted by THINKJAM.

Posted in

着せ替えることが出来る靴「Johnny&Jessy」

874e29ce7c5ae5433258

●特長
・ソール(靴底)とアッパーがファスナーで結合されているため、靴の着せ替えが可能になる。
・アッパーを複数用意することで、移動先での靴の選択肢が広がる。
→アッパーは全91種(2016/10/05現在)

●アイデア
靴のソールとアッパーを分解し、自由に組み合わせられるよう修正した。(Modify)

●ターゲットと利用機会
旅行などの移動先でも、複数の靴を使い分けたい方。

●価値
複数の靴が持ち運びやすくなることによって、コーディネートの幅が広がり、旅先でもお洒落を楽しむことが出来る。

●価格
ソール6,500円(税込)
アッパー4,200円(税込)~

「Johnny&Jessy」

Posted by THINKJAM.

Posted in

12345...2040...>>

このブログの更新を
RSSやTwitterで受信できます

ページの先頭へ